スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅茶教室に行ってきました。

IMG_7837.jpg


紅茶教室に行ってきました。レッスンは継続的なものではなく今回だけだったのですが、紅茶の歴史や、茶葉の特徴、入れ方、お料理とのペアリングなど盛りだくさんの内容でした。紅茶を美味しく淹れるポイントの他に アフタヌーンティーのマナーやおもてなしの参考になるお話も多くとても勉強になりました。


IMG_7851.jpg


ダージリンのファーストフラッシュ、セカンドフラッシュ、オータムナルの異なった時期に収穫された3種類、アッサム、ニルギリのテイスティング。


IMG_7887.jpg


スリランカ紅茶のティスティング


IMG_7905.jpg


水質により、茶葉の色も水色も香りも味も全部違いますね。


IMG_7847.jpg


茶葉によって特徴は様々。ワインのように、お料理やデザートに合わせて茶葉を選ぶことができるんだそうです。とてもおいしいクランペットでしたよ。


IMG_7877.jpg


アフタヌーンティーのティーセットはヘレンドでした。


IMG_7881.jpg


テイスティングのあとはアレンジティーの作り方を教えて頂きました。


IMG_7897.jpg


教えていただいた紅茶はどれもおいしくてすっかり紅茶の魅力にとりつかれてしまいましたね。


IMG_7936.jpg


中国茶も好きですが、紅茶も奥が深くていいですね。美味しくて楽しくて幸せなひとときでした。また、イギリスに行ってみたくなりましたよ。
スポンサーサイト

ドイツに行ってきました⑦

IMG_7012.jpg


今回のドイツ旅行では往復JALのビジネスクラスを利用しました。「Sky Suite」に搭乗したのは初めてです。座席は往路も復路も最前列の窓側1Kを予約しました。娘も窓側希望でしたので1K.、4Kと前後で離れてしまいましたがもう大人ですので特に不便はありませんでしたね。


IMG_7780.jpg


シートは個室タイプですが、隣のシートと距離感がない、座席以外の遊びのスペースがなく、少々圧迫感を感じてしまいます。往路は隣が空席だったので気になりませんでしたが復路ではお隣さんがいましたので早々とパーティションを閉めさせていただきました。閉めてしまえばプライベート感が高まります。


IMG_7015.jpg


お食事は往路は洋食、復路は和食を選びました。


IMG_7018.jpg


お肉は柔らかったですね。


IMG_7775.jpg


和食のおかずは微妙でしたね。


IMG_7776.jpg


でも10日ぶりの和食ですから白米とお味噌汁は美味しかったです。


IMG_7778.jpg


デザートはチョコムースでした。


IMG_7779.jpg


2回目のお食事は軽くいただきました。チーズは美味しかったです。


IMG_7783.jpg



窓側でしたので睡眠時は両面壁になりよく眠る事ができました。往路、復路とも爆睡してしまい到着の1時間半前にCAさんに起こしてもらいましたよ。

IMG_7781.jpg



ドイツに行ってきました⑥

IMG_7643.jpg


9日目はICでケルンへ行きました。ケルンはフランクフルトからおよそ1時間半くらいの場所にあり世界遺産の教会があります。


IMG_7653.jpg


ケルン大聖堂です。ゴシック様式の建築物としては世界最大だそうです。


IMG_7659.jpg


外観の圧倒的なスケールの大きさはいうまでもなく、内部のステンドグラスも色鮮やかで素晴らしいですよ。


IMG_7661.jpg


ファリナハウス香水博物館です。ケルンは「オーデコロン」の発祥の地だそうで、オーデコロンとはフランス語で“eau de Cologne”つまり「ケルンの水」という意味だそうです。18世紀初頭にケルンに住んでいたイタリア人ヨハン・マリーナ・ファリナによって発明され、実際に当時はライン川の綺麗な水を原料として製造されていたそうです。


IMG_7662.jpg


ファリナハウス香水博物館が立つのは、まさにその世界最初のコロンが製造されていた工場跡地です。ショップと博物館となっており、香水の歴史や製造過程、また「香り」についても学ぶことが出来ます。


IMG_7663.jpg


オーデコロンの元祖「4711」です。4711の本店兼工場はケルンの中心部にあり、駅から歩いても10分ほどです。


IMG_7665.jpg


お土産にもちょうど良いので、本店を訪れてみました。オーデコロンは好みの香りではないので石鹸を購入しましたよ。


IMG_7719.jpg


午後にはフランクフルトに戻りお買い物です。フェイラーでお土産を購入しました。セールの品もあり日本よりかなりお安かったです。またプレゼント用に綺麗にラッピングもしていただけました。


IMG_7694.jpg


10日目はフランクフルトの市内観光をしました。日本語オーディオガイドのある乗り降り自由なバスに乗り市内を回りました。


IMG_7752.jpg


フランクフルトの主要観光は半日あれば十分ですね。


IMG_7688.jpg


ゲーテハウスです。


IMG_7685.jpg


レーマー広場です。


IMG_7709.jpg


ランチはレーマー広場に面したビアホールでいただきました。


IMG_7759.jpg


ドイツ滞在中飽きるほど食べたブルスト(ソーセージ)です。


IMG_7763.jpg


夜の飛行機で帰国なので夕方にはICで空港に向かいました。ICもSバーンもがターミナル1しか停車しないのでJALが出発するターミナル2まではシャトルバスで移動です。4つのスーツケースを持っての移動は少々大変でしたが無事にたどり着けました。


IMG_7766.jpg


今回の旅行は目覚めた時間の電車に乗りのんびりと鉄道の旅を楽しむことができ、本当に充実した年末年始を過ごすことができました。また機会があれば鉄道でチェコやハンガリー方面にも足を延ばしてみたいですね。

ドイツに行ってきました⑤

IMG_7611.jpg


8日めはジャーマンレイルパスを利用してベルギーのブリュッセルまで行って来ました。始発のフランクフルトから乗車しブリュッセル南で下車。観光名所が多いブリュッセルセントラルまではジャーマンレイルパスを使えませんので切符を買って乗車しました。


IMG_7539.jpg


ICは日本の新幹線より揺れますが車内は広く電源やフリーWIFIもあるので快適にすごせますよ。


IMG_7548.jpg


ベルギーの電車の中はこんな感じでした。


IMG_7550.jpg


中央駅に到着です。


IMG_7558.jpg


グラン・プラスです。ブリュッセルの中心となる広場で、市庁舎、王の家、各ギルドの絢爛豪華な建物などが並んでいます。中世の香りが漂い、「世界一美しい広場」と言われているそうです。


IMG_7594.jpg


小便小僧です。


IMG_7601.jpg


小便小僧は、17世紀に彫刻家ジェローム・デュケノワによって製作された幼児の彫像です。 ジュリアン君としても親しまれているそうです。世界中から寄贈された小便小僧の衣装は、王の家で展示されています。


IMG_7582.jpg


ギャルリー・サンチュベールです。グラン・プラスから北東に伸びるギャルリー・サンチュベールは、1847年に造られたヨーロッパ最古のアーケードのひとつだそうです。


IMG_7569.jpg


アーケード内には様々な店舗が入っています。


IMG_7575.jpg


王室御用達の高級ブランド、老舗チョコレート店舗などから、観光客向けのお土産店などもあり、ウィンドウショッピングをしているだけでも楽しかったですよ。


IMG_7568.jpg


ランチは「レオン」で名物のムール貝をいただきました。ここのお店はパリにも支店があるので何度か食べたことがありますが美味しかったです。


IMG_7566.jpg


セルクラース像です。グラン・プラスからほど近い場所に、14世紀にブリュッセルの街を救ったと伝えられる英雄、セルクラースの像があります。セルクラースの像は、触れると幸せになれると言い伝えられているそうです。


IMG_7617.jpg


チョコレート博物館です。


IMG_7610.jpg


入口付近に目立つ表示がないため分かりにくいですね。館内は広くはありませんが、チョコレートの歴史について解説されています。


IMG_7603.jpg


また30分おきに、チョコレート作りの実演もしていて、試食も出来ます。


IMG_7607.jpg



ベテランショコラティエがユーモアたっぷりの説明でみんなを笑わせてくれました。チョコレートの街ならではの博物館です。


IMG_7621.jpg


ブリュッセルの老舗スイーツショップ「メゾン・ダンドワ」です。小便小僧のすぐ近くにあり、1階では焼きたてをテイクアウトでき、2階にはティールームがあります。


IMG_7619.jpg


ランチを食べすぎたのでトッピングはせずシンプルなワッフルをいただきました。美味しかったですよ。


IMG_7635.jpg


名物の「フリッツ」です。ポテトを二度揚げしており外はカリカリ中はホクホクです。マヨネーズを付けるのがベルギー流だそうです。でもケチャップでいただきました。


IMG_7629.png


夕方まで市内を散策した後ICでフランクフルトに戻りました。

ドイツに行ってきました④

IMG_7530.jpg


7日めは街歩きで疲れた体を休めようということでバーデンバーデンにある温泉でゆっくり過ごすことにしました。


IMG_7489.jpg


フランクフルトからICで1時間半くらいでバーデンバーデンの駅に到着です。バーデン・バーデンの温泉街は駅から201番のバスでレオポルド広場で下車し、徒歩5分くらいで到着です。


IMG_7501.jpg


リゾートホテル(ちょっと古めだけど)やカジノのある高級保養所になっているのですが、 温泉施設(クア施設)で有名なのが「フリードリヒスパ」と「カラカラ・テルメ」の二カ所です。


IMG_7493.jpg


日本から水着を持参しませんでしたので手ぶらで入れる フリードリヒスパ(Friedrichsbad)を選びました。曜日によって混浴なったり男女別になったりするようなので私たちは男女別になる日を選びました。


IMG_7503.jpg


テルマエロマエの世界でしたよ。


IMG_7504.jpg


メニューはいくつかありますが私たちはボディーシャンプー、クリームマッサージつきのコースを選びました。


IMG_7505.jpg


入口は男女別々になっていて、脱衣所で服を脱いだら、 番号がふられている順路に沿ってサウナ、熱気浴、炭酸浴などを順番にまわっていくというローマ式の入浴方法です。しかし一番奥のローマン・アイリッシュ浴場だけが混浴でした。


IMG_7507.jpg


混浴では最初、恥ずかしかったのですが周囲が堂々としているので次第に慣れましたね。


IMG_7508.jpg


海外で初めて混浴を体験し、思い出深い一日になりました。


IMG_7509_20170112222715aae.jpg


入浴後、のんびり休憩をしてから外に出ると雪景色です。


IMG_7512.jpg


風邪をひかないように気を付けてフランクフルトに戻りました。


IMG_7516.jpg




プロフィール

rabi

Author:rabi
はじめまして!お料理大好き(もちろん食べることも)な50代の主婦ラビラビです。日々の出来事を3匹の犬(スコッチテリア2匹・ダックス1匹)たちとともに不定期で更新してゆこうと思います。よろしくお願いします。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。